おしりのぶつぶつ・できものを早く治す方法・薬

おしりにぶつぶつができてしまうと辛いですね…。
ですが、おしりのぶつぶつはセルフケアが大事で、早く治す方法があるのです。
おしりのぶつぶつの原因と、早く治す方法を紹介していきます。

 

おしりのぶつぶつの原因は?

おしりは元々皮脂が溜まりやすく、ぶつぶつやニキビが出来やすい部位です。
おしりにぶつぶつが出来るのは、雑菌の繁殖、角質が厚くなっている、肌のターンオーバーの乱れ、肌への刺激といった原因が考えられます。

 

ムレによる雑菌の繁殖

湿度が高くなると、おしりに汗をかきやすくなり、汗の量が増えます。おしりは常に下着に覆われていて、下着が密着していますから、身体の中でも湿度が高くなりがちです。また、下着が密着していることによってムレやすくなります。ムレると雑菌が増えやすくなり、おしりにぶつぶつやニキビができやすくなるのです。

 

下着の締め付けが肌を刺激している

 

身体に跡がつくような下着や、下着のサイズが小さすぎる場合、締め付けや摩擦からおしりの肌が刺激されます。長期間にわたってこの刺激が続くと、おしりの肌は硬くなってしまいます。角質が厚くなり、毛穴に溜まることによってニキビの原因にもなります。また、ぶつぶつだけではなく、鮫肌のようにざらざらとした肌になってしまうのです。

 

長時間座り続けることによる刺激

デスクワークや長時間の運転などで長い時間座り続けると、おしりを圧迫し、摩擦などで刺激してしまい、おしりの肌にダメージを与えることになります。すると、皮膚が傷ついたり、新陳代謝が悪くなったりしますので、おしりのぶつぶつやニキビができやすくなります。肌荒れしたおしりでさらに座り続けることで、ぶつぶつは悪化する可能性があるでしょう。

 

不規則な生活や加齢でターンオーバーが乱れる

不規則な生活を続けると肌のターンオーバーが乱れます。これは顔の肌荒れの原因にもなります。不規則な生活や加齢で肌の生まれ変わりが遅くなると、角質が肌に溜まりやすくなります。毛穴に角質が溜まりやすくなることによって、おしりのぶつぶつやニキビの原因になるのです。

 

おしりは皮脂がたまりやすい

おしりのニキビの原因に、皮脂が溜まりやすいことがあります。おしりのニキビは顔のニキビと同じで、過剰な皮脂分泌が原因です。おしりは背中などと同じで皮脂腺が多く集まる場所です。皮脂腺があるところはニキビができる可能性があり、おしりも例外ではありません。

 

洗い残しが原因

シャンプやコンディショナー、ボディーソープなどの泡がついたまま、洗い残しがあると、おしりの毛穴に詰まり、ぶつぶつやニキビの原因になることがあります。

 

洗濯洗剤が肌を刺激している

洗濯洗剤が衣類に付着したままであるとか、肌に合わない場合、おしりのぶつぶつやニキビの原因となります。下着はずっとおしりの触れているものなので、洗濯洗剤が下着に付着していると肌を刺激します。また、肌に合わない洗濯洗剤を使っているとかぶれの原因にもなるでしょう。

 

おしりのぶつぶつを早く治す方法

おしりのぶつぶつやニキビは、きちんと対策していけば治せます。基本は皮膚を清潔に保ち、おしりに負担をかけすぎないこと、皮脂がたまりやすい食生活を避けることなどです。

 

清潔を保つ

おしりのぶつぶつを早く治す方法で最優先しなければいけないのは、おしりの肌を清潔に保つことです。汗や皮脂が溜まってしまうと、おしりのニキビやぶつぶつの原因となります。洗うときに心がけたいのは、おしりをしっかり洗うだけではなく、ボディーソープなどの洗浄成分もしっかり落とすことです。ここは意外な盲点で、洗っているのにぶつぶつができるという人は洗浄成分が残っているのかもしれません。

 

椅子に座るときはクッションを使う

長時間のデスクワークをする人はクッションを使うようにしましょう。長時間座っているとおしりを圧迫し、血流や新陳代謝が悪くなります。これがぶつぶつやニキビの原因となることもあるのです。また、角質が溜まって、おしりの肌が硬くなり、ざらざらとした手触りになってしまいます。なるべくおしりを圧迫しないようにクッションを使ってください。

 

食生活に気を付ける

食生活が乱れるとおしりのみならず、身体にニキビができやすくなります。それほど食生活は肌のコンディションに影響しているのです。しっかりとバランスの取れた食事をするようにして、脂質の高い食事ばかりしないようにしましょう。

 

保湿をする

おしりの肌が乾燥してしまうと、過剰に皮脂が分泌されます。皮脂が毛穴に溜まってしまうのはニキビの原因です。おしりの肌は市販や通販の保湿クリームでしっかり保湿してあげましょう。もちろん、清潔にした肌に保湿クリームを塗るようにしてください。

 

便座を拭いてから座るようにする

トイレの便座は一見キレイそうに見えても、様々な雑菌がついています。そういった便座に座ることによって、雑菌がおしりの肌につきます。これがおしりのニキビやぶつぶつの原因となるのです。便座はクリーナーで拭いてから座るようにしましょう。

 

運動で血行を促進する

運動やストレッチで血行を促進すると、身体全体に栄養が行き渡りやすくなります。また、全身の血行が良くなることで、肌がうるおい、美肌になります。特におしりは血行が滞りがちですから、おしりのストレッチをするといいでしょう。

 

おしりのぶつぶつを早く治すためには薬や専用クリームがおすすめ

おしりのぶつぶつを早く治すためには、市販の薬や専用クリームを使うことがおすすめです。おすすめに薬や専用クリームを紹介していきます。

 

ハーバルラビット ナチュラルゲルクリーム

 

お尻のニキビ

 

おしりのニキビだけではなく、黒ずみもケアしたいならハーバルラビット ナチュラルゲルクリームがおすすめです。ハーバルラビット ナチュラルゲルクリームは保湿や美白、ニキビケア成分が配合されています。おしりのぶつぶつやニキビには保湿がとても大切です。トリプルヒアルロン酸やトレハロース、セラミドやコラーゲンなどの保湿成分が肌を潤してくれるでしょう。
また、美白成分には、プラセンタやグリチルリチン酸2k、ビタミンC誘導体や米ぬかエキスが含まれています。グリチルリチン酸2kはニキビケアとしても有効です。
おしりの黒ずみケアとして、水溶性プラセンタエキスが含まれています。水溶性プラセンタエキスはメラニンの生成を抑制してくれるので、おしりの黒ずみに効果が期待できるでしょう。
ハーバルラビット ナチュラルゲルクリームは一日二回朝晩におしりに塗るだけの簡単ケアで、おしりの肌のトラブルにアプローチすることができます。
ハーバルラビット ナチュラルゲルクリームは多角的におしりの肌にアプローチするのでおしり専用クリームとしておすすめです。

 

≫ハーバルラビット ナチュラルゲルクリームの公式サイトはこちら

 

おしりのぶつぶつを早く治すために

 

おしりのぶつぶつやニキビができる原因に心当たりがあった人もいるかと思います。紹介したおしりのぶつぶつを早く治す方法をぜひ実践してみてください。きっとおしりの肌のトラブルが改善されるはずです。
また、おすすめの薬や専用クリームを紹介しました。内側からケアできるものと直接肌へアプローチするものがありましたが、両方使ってみるのもぶつぶつを早く治すには良いかもしれません。
目が届きにくいおしりをしっかりケアして、つるつるのおしりを目指しましょう。


更新履歴