おしりのぶつぶつの病名は?病院で治すには皮膚科へ

 

おしりにできたぶつぶつ、早く治したいですよね。実はおしりのぶつぶつには様々な種類の病名があるのです。
その病名に適した治療を行うことで早く治すことができます。病名によっては皮膚科で治療することになりますが、恥ずかしがらずに皮膚科へ行きましょう。

 

おしりのぶつぶつに考えられる病名

 

おしりのぶつぶつに考えられる病名は以下のものがあります。

 

  1. ニキビ
  2. 粉瘤
  3. おでき(せつ)
  4. 汗疹(あせも)
  5. 接触性皮膚炎
  6. じんましん

 

それでは一つ一つ見ていきましょう。

 

ニキビ

 

おしりのぶつぶつで一番考えられるのがニキビです。角質や皮脂が毛穴に詰まり、細菌が入り、炎症が起きています。治すには、まずおしりを清潔に保つことです。刺激の少ない石鹸を使って、おしりを良く洗うようにします。軽い症状の場合はセルフケアで治すことができますが、ひどくなった場合は皮膚科へかかるようにしましょう。

 

粉瘤

毛穴の組織の一部が袋状になったものです。皮膚に開口部を持つものが多く見られます。気づかないうちにしこりができて、急に大きくなるケースもあるでしょう。特に耳たぶやわきの下、おしりに多発するものが多いです。脂肪のかたまりと勘違いしやすいですが、良性の腫瘍になります。粉瘤はニキビとは違い、自然には治らないので、粉瘤だと思ったら皮膚科や形成外科へ行くようにしましょう。皮膚皮下腫瘍摘出術という名で保険が効きます。

 

おでき(せつ)

 

おできは毛包や毛包周囲の細菌感染によって起こる症状です。皮膚の中に膿が溜まった状態になり、炎症を起こします。炎症は皮下組織の奥にまで及ぶこともあるでしょう。おできは皮膚の傷や皮膚が湿った状態が続き、黄色ブドウ球菌が毛包に感染することが原因で起きます。顔にできるおできを面疔と呼びます。
おできは小さなものであれば気にする必要はありませんが、大きい場合は皮膚科にかかる必要があります。

 

汗疹(あせも)

 

汗疹には肌の表面の近くに汗がたまる水晶様汗疹と、肌の深いところに汗がたまってしまう紅色汗疹とに分かれます。水晶様汗疹は透明か白い水ぶくれがたくさんできるのですが、かゆみはありません。
紅色汗疹は小さな赤いブツブツができ、かゆみを伴います。また、チクチクしたり、ヒリヒリする場合があります。
汗疹は汚れや皮脂で、汗腺の出口に汗が詰まることによってできます。通気性の悪い下着をつけたり、高温多湿での運動、ギブスの着用などが原因となる場合が多いです。水晶様汗疹は自然に治癒しますが、紅色汗疹の場合はステロイド外用剤で治療を行うことが多いです。
おしりをムレないようにすることで、おしりの汗疹は防ぐことができます。

 

接触性皮膚炎

 

一般的にかぶれと呼ばれるものです。刺激に触れると誰でも起こる可能性がある「一次刺激性接触皮膚炎」と、アレルギーから起こる「アレルギー性接触皮膚炎」があります。
かぶれたところがかゆくなる症状が出ます。患部がだんだんと赤くなり、水ぶくれや小さなブツブツができたりするでしょう。とてもかゆみが強いので、かきむしってしまい、症状が悪化してしまうことがあります。
おしりのかぶれは化粧品や衣類の刺激で起こることがほとんどです。原因が特定したら、原因となった素材を含んだ衣類や成分を含む化粧品は使わないようにしましょう。
それでも治らない場合は皮膚科へ行く必要があります。治療はステロイド外用薬を使います。

 

じんましん

 

かゆみと共に、ある日急に皮膚が赤くなって、盛り上がったように感じるのがじんましんです。多くは数時間で消失します。1カ月以内で治るものを急性、1か月以上繰り返すものを慢性のじんましんと呼びます。
かゆみを起こしてしまうヒスタミンが何らかの原因で体の中にできることから起こるものです。食物や薬品から起きるアレルギー性のものと、ストレスや汗から起きる非アレルギー性のものがあります。前者は急性、後者は慢性の経過をたどります。
症状はほとんどがかゆみを伴います。チクチクしたり、痛みを伴うこともあるでしょう。
原因がよく分からないときは医者にかかるようにしてください。原因が特定できる場合、とにかくその原因を避けることが必要です。

 

セルフケアで治らない場合は病院へ

 

一言におしりのぶつぶつと言っても、様々な病名がついています。もし、セルフケアで治らない場合は皮膚科へかかることが必要です。おしりのぶつぶつを甘く見ずに、きちんとお医者さんに診てもらうようにしましょう。